アセカラット 最安値

女性ホルモンと汗っかきの深い関係とは

 

「女性ホルモン」と「汗」って深い関係があるんです。

 

 

わたしたちのホルモンにはご存知のとおり男性ホルモンと女性ホルモンがありますよね。

 

男性ホルモンの役割は発汗をうながすこと。

 

それに対し、女性ホルモンは発汗を抑えるように働くのが基本的な役割となっています。

 

 

でも、実際には女性ホルモンの働きも複雑になっていて、女性ホルモンとひと言でいっても

 

その種類は分かれているし、それぞれに発汗に対する役目も異なっているんですよ。

 

 

女性ホルモンは主に2種類あって

 

黄体ホルモン(プロゲステン)卵胞ホルモン(エストロゲン)と呼ばれるものに分けられます。

 

 

黄体ホルモン(プロゲステン)

 

黄体ホルモン(プロゲステン)は女性の生理に深く関係するホルモンです。

 

おもな役割は子宮筋や子宮内膜の働きを調節してくれます。

 

また、妊娠した場合には、常に分泌されることにより妊娠状態をよくするとともに基礎体温の上昇に活躍します。

 

体温を上げることで体の機能を良好な状態にしてくれるホルモンなんですよ。

 

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)は排卵に深く関係するホルモンです。

 

卵巣や子宮の発達を促進させる働きと女性らしい体形を作り出すための役割があります。

 

ちなみに、更年期になると排卵がなくなりますので自然と分泌もされなくなります。

 

 

ホルモンの相互作用のバランスがポイント

 

黄体ホルモンは体温を上昇させる役割から発汗の働きがある一方で、卵胞ホルモンは汗を抑える働きがあるんですよ。

 

なので、この2種類の女性ホルモンの相互作用のバランスによって、汗の量が多くなったり少なくなったりするんです。

 

特に、生理前には汗が多くなることってあると思いますが、これは黄体ホルモンの働きが優先的に作用しているからなのです。

 

それに、妊娠中も黄体ホルモンの分泌が増えるので汗をかきやすくなります。

 

 

また、更年期に入ると女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。

 

よく更年期特有の症状といわれる「ホットフラッシュ」と呼ばれる汗の症状などは

 

汗を抑える役割の卵胞ホルモンが減少し、その代わりに男性ホルモンの分泌が増えるからなんです。

 

体のしくみやホルモンの働きと汗の関係性を理解しておくといいですね。

 

>>>ホルモンバランスの調整にAsecarat【アセカラット】